楽器・機材

ジャズギターに使えるアンプの音質テスト


ジャズ演奏で使えるギターアンプをいろいろと試してみました。
(動画は下にあります。)

音質の好みの問題で、どれもジャズに使えるアンプです。
すべてセッションやライブで使用済み。

より同一環境でのテストにするため、ルーパーを使用してどのアンプからも同じ音を出力しています。
1:ルーパーペダルを使用してルーパーに演奏を録音
2:同じ演奏(音)をルーパーからアンプに入れて再生 〜 マイクで録音

※strymon IRIDIUM のみ、IRIDIUMからオーディオインターフェイス(UR22C)へ接続してダイレクト録音

マイクはオン(SHURE SM57)とオフ気味(MXL 770)での2本を使用。
※ちょっとノイズが混じっていますがご了承ください

各アンプのセッティング

各アンプによってパラメータのバラつきはありますが、基本的に
TREBLE: ★★★★☆☆☆☆☆☆
MID: ★★★★★★☆☆☆☆
BASS: ★★★★☆☆☆☆☆☆
と、少しだけミドルの強調されたサウンドになるように設定しています。
※ プリンストンリバーブのみ、ミドルがないためEQは全て最小値
※ リバーブはどのアンプも0です

Fender '68 CUSTOM PRINCETON REVERB
VOL3・TREBLE1・BASS1

Fender Blues Junior
VOL4.5・TREBLE4・MID9・BASS4・MASTER4

DV MARK JAZZ 12
HIGH4.5・MID9・BASS4.5・MASTER6

DV MARK LITTLE JAZZ
HIGH4.5・MID9・BASS4.5・MASTER6

ROLAND Blues Cube Stage
VOL4・TREBLE3・MID9・BASS5・MASTER6

ZT AMP Lunchbox
VOL5・TONE4・GAIN6

Fender FRONTMAN 10G
VOL6・GAIN5・TREBLE8・BASS9

strymon IRIDIUM
DRIVE9・TREBLE4.5・MID6・BASS7.5・LEVEL7.5



─────────────────────


動画(YouTube)はこちら




・・・・・


所感

個人的には
・Fender '68 CUSTOM PRINCETON REVERB
・DV MARK JAZZ 12

が好みでライブやセッションに多用しています。
※非常用に ZT AMP Lunchbox を車に常備

Fender '68 CUSTOM PRINCETON REVERB

Fender '68 CUSTOM PRINCETON REVERBについては
こちらの記事
で解説しています。

簡単に言うと
・クリーントーンが最高(Blues Juniorと比べて数段上な透明感)
・自然でマイルドな飽和感、ぎりぎり歪まずに粘りがある
・リバーブのきれいさ
・低音が出過ぎない、10インチスピーカーの奥ゆかしさ
・適度なサイズ感
・コンボ編成では十分な音量

といった点で、個人的には最高(所有している中では一番お気に入り)なアンプです。


Fender フェンダー ギターアンプ 68 CUSTOM PRINCETON REVERB 100V JP

12ワット。10インチCelestion Ten 30スピーカー。60年代後半Fender「シルバーフェイス」のルックス。改良型Princetonリバーブ・オールチューブ・サーキット。
手巻きチューブ・ソケット。カスタムメイドSchumacherトランスフォーマー。Fenderチューブ型スプリング・リバーブとトレモロ。



・・・・・


Fender Blues Junior・ROLAND Blues Cube Stage

Fender Blues Junior と ROLAND Blues Cube Stage は割と似た傾向の音質。

Fender Blues Junior:ノイズが多い、クリーンはきれい、真空管のメンテがちょっと大変、造りは荒い。
ROLAND Blues Cube Stage:真空管じゃないので、メンテが楽で使い勝手がよい、クリーンがちょっとマイルドで曇り気味。サウンドは暖かめ。

■ Fender Blues Junior ■
Blues Junior は定番中の定番でジャンルを問わずに人気のアンプです。
ジャズで使っているミュージシャンもけっこう見かけます。
価格やサイズが割とお手頃 & オールラウンダーなサウンドで人気の理由もわかります。

人気の反面で弱点もあって、真空管のせいかメンテナンスが面倒で、ノイズを拾いやすい印象。
重量もちょっと重いので、気軽に持ち運びできないのが辛いところ。
※Blues Juniorに限らず、重量(持ち運び)の問題から多くの人がDV MARKやその他の軽めのアンプに流れている傾向がありますね。

真空管のアンプでどれがオススメかと聞かれたら、まず候補に上がるのがBlues Junior。
お金に余裕があればプリンストンリバーブやデラックスリバーブ、という感じです。

───────────

■ ROLAND Blues Cube Stage ■
『非』真空管版の Blues Junior という感じ。
操作性の良さやメンテナンスの用意さ、真空管っぽいサウンド、出力のワット数を切り替えできたりとかなり使いやすいアンプ。
重量的にも Blues Junior よりわずかに軽く、Blues Junior の弱点をうまく補ったアンプ、というとイメージしやすいかも。
サウンド的には、ジャズ用として全然使えます。
私(肉じゃぎの管理人)はよくライブやセッションで使っています。

Blues Cube にはいくつかバリエーションがあって、ジャズ用ならBlues Cube Hot(1チャンネル仕様・12インチスピーカー)で十分な印象。

弱点をあえて挙げるとしたら、若干マイルド気味なクリーントーン。
(すこし透明感に欠ける印象)
ただし、相当にこだわらない限り十分なサウンドです。


FENDER (フェンダー) 15W コンボアンプ Blues Junior IV [並行輸入品]

手頃なサイズで自宅練習、レコーディングに最適なベストセラーチューブアンプ。図太いトーンを搾り出すFATスイッチを装備。シンプルなコントロールながらもプレイヤーの表現次第で多彩なトーンを奏でます。
■タイプ:コンボ ■実効出力:15W ■チャンネル数:1
■コントロール:リバーブ、マスター、ミドル、ベース、トレブル、ファットスイッチ、ボリューム
■プリ管:3 x 12AX7 ■パワー管:2 x EL84 ■スピーカー:1 x 12" Celestion A-Type speaker
■フットスイッチ:付属 ■サイズ(cm):45.7W×40.6H×23.3D ■重量(Kg):14 ■Spring Reverb搭載


ROLAND BLUES CUBE BC-STAGE ギターアンプ

極上のウォームトーンを実現したライブ用ギター・アンプ
専用設計のカスタム・スピーカー
デュアル・トーンで音づくりの可能性が無限に広がる
煩わしいメンテナンスは不要。持ち運びしやすい軽量ボディ
USB からのダイレクト・レコーディングにも対応



・・・・・


DV MARK JAZZ 12 ・ LITTLE JAZZ

DV MARKのアンプ(JAZZ 12 と LITTLE JAZZ)はどちらも『ジャズ向け』という感じで、ジャズに特化したサウンドで気に入っています。

■ DV MARK JAZZ 12 ■
特にJAZZ 12の方がスピーカーが大きいだけあって、低音から高音までクリアに鳴ってくれて個人的には大のお気に入り。

しかもめちゃくちゃ軽い!
この軽さを体感して驚かないギタリストはいないでしょう。

JAZZ 12は良いところだらけで、大人気なのも頷けます。
(ジャズギタリストはだいたいみんな持ってるイメージ)

フルアコじゃなくて、テレキャスやストラトをつないでもジャズサウンドになるので最高。
どんなギターもジャズサウンドにしちゃう優れものですね。

※※※※※ 弱点…? ※※※※※
唯一の弱点は、どのギターでも割と似たような音になる、という点でしょうか。

それと、これも弱点に入るかもしれないですが、JAZZ 12は出音の指向性が強いのか、演奏者が気づかずに爆音で鳴っている(適度に鳴らしているつもりが実は爆音が出ている)、ということが多い気がします。

───────────

■ DV MARK LITTLE JAZZ ■
LITTLE JAZZに関しては、JAZZ 12と同じアンプ部とのことで、サウンドの傾向は全く一緒。
スピーカーのサイズ違いによる音質の違いのみ、ということになります。
(低音がちょっと弱い・音域がちょっと狭い)

こちらもJAZZ 12と同じく人気のアンプで(セッションなどでよく見かける)、個人的には『お気軽モード』な練習で使ったりします。
余分な低音が出ない分、用途によってはJAZZ 12よりも LITTLE JAZZ の方が使いやすいかもしれません。

音量が出るとはいえ、ドラムや複数の管楽器が入ったりするバンドアンサンブルでは LITTLE JAZZ は厳しいです。


DV MARK コンボアンプ JAZZ 12 DVM-J12

Power:60W (4Ω)/45W (8Ω) PowerAMP:Analog
Preamp:Solid State
Controls:Master/3-Band EQ(Bass / Mid / High)/Reverb
Speaker:1×12" DV Mark Custom (8Ω)
その他:AUX IN/Headphone Out/XLR Line Out/Speaker ON/OFF/Output for External cab (minimum load 8Ω)


DV MARK ギター コンボアンプ LITTLE JAZZ DVM-LJ

Power:60W(4Ω)/45W(8Ω) PowerAMP:Analog
Preamp:Solid State
Controls:Master/3-Band EQ(Bass / Mid / High)/Reverb
Speaker:1×8" DV Mark Custom (8Ω)
その他:AUX IN/Headphone Out/XLR Line Out/Speaker ON/OFF/Output for External cab (minimum load 8Ω)



・・・・・


ZT AMP Lunchbox

ZT AMP Lunchboxはジャズに特化したアンプではないと思いますが、
・めちゃくちゃ小さい、持ち運びが楽(持ち運びやすさではダントツでトップでしょう)
・クリーンが綺麗
・反応が早い
・小さいのに爆音がでる

と、ジャズでの演奏に使えるのでジャズギタリストのユーザーが多いようです。

個人的にもけっこうお気に入りでよく使っています。

Lunchbox用の同じサイズのキャビネットがあって、音量をさらに稼ぎたい時に接続して使えます。
(単独でも大音量なのに、さらに音を出せる)
ジャズではあまり使う場面はなさそうですが、用途の幅が広がって面白いなと。

唯一の欠点はリバーブがないこと。
Ambientという箱鳴り感を出すコントロールはあるけども、リバーブとしては使えないのが残念。
リバーブがあればもっと人気が出て、売れていたでしょう…。


ZT Amp コンボアンプ LUNCHBOX ランチボックス

LunchBox ギター用ミニコンボアンプ
LunchBoxは鞄に入れて持ち運べるほど小型で、重量も5kg未満
最大200Wの出力で、大きなステージや、野外ステージでさえも十分に使うことが可能
音色は並み居る名アンプにもひけをとらない、すばらしいヴィンテージサウンドを実現
【サイズ】185mm x 250mm x 112mm



・・・・・


Fender FRONTMAN 10G

Fender FRONTMAN 10G は仕様的には物足りない印象ですが、実際に使ってみると意外と馬鹿にできないのでテストに加えてみました。

サウンド的には絶妙なクリーントーンでフルアコとの相性が良く、また、適度な音量(デカすぎない)なので、自宅用としてはかなり使えます。
※ライブやセッションでは力不足。低音も弱い。

自宅用のジャズアンプとしてはなかなか優秀です。オススメ。


Fender フェンダー ギターアンプ FRONTMAN 10G

10W
6インチ Fender Special Designスピーカー
ゲイン、ボリューム、トレブル、ベースのコントロール
オーバードライブスイッチ
1/8インチのAUX入力端子とヘッドホンジャック
密閉構造
軽量で持ち運びも簡単
クラシックフェンダーデザインで、本格的なサウンド



・・・・・


strymon IRIDIUM

冒頭の方にも書きましたが、テスト動画では strymon IRIDIUM だけアンプを使わずにオーディオインターフェイスにダイレクト接続しています。
ジャズミュージシャンが使う前提で考えると、IRIDIUMはライブやセッション用というよりはレコーディング用かな、という印象。
(ジャズギタリストはアンプ直で完結しちゃうことが多いので。ただし、ペダル多用派はありかも)

strymon IRIDIUM に関する詳細な記事も書きました。
詳細記事はこちらをクリック

音質に関しては、Fender デラックスリバーブのシミュレーターがかなり使えます。
※全部で3種類のアンプがあるが、おそらくデラリバが一番ジャズ向け。

かなりアンプライクで、アンプシミュレーターもここまで来たか、という感じ。
かなりオススメです。


Strymon 「IRIDIUM」 AMP & IR CABエミュレーター

3種のアンプモデリング/9種類の24bit/96kHz 500msステレオIR CAB搭載
高性能JFETディスクリートアナログ入力段を採用/最大22dBのアナログゲイン
ステレオ入出力/Drive、Level、Bass、Middle、Trebleコントロール
SHARC DSP&ARMコプロセッサーを採用/32-bit浮遊小数点プロセッシング/HPアウト装備
IR CABのロード&エディット、MIDIのフルアクセス可能/トゥルー・バイパス/パワーサプライ付属


楽器・機材

オススメのコンテンツ