楽器・機材


近年とても評価の高い Henriksen のジャズアンプについてまとめてみました。

本家公式サイト


日本の代理店オカダインターナショナル




・・・・・


冒頭にも書いた通り、近年とても評価の高い Henriksenのジャズアンプですが、まだそれほど普及していないようでなかなかお目にかかることがありません。
(金額的になかなか手を出しづらい感はありますね…)
そのため、(2020年11月現在)ウェブ上でも情報が少ない印象です。

一度だけジャムセッションで使用している方を見かけたのですが(The BUD SIX)、とてもいい音でした。
その時に私が使用していた『DV MARKのJAZZ 12』と比べるとクリーンさが大きく異なる印象で、『まるで"ハイファイオーディオ"』 とでも表現すれば良いのか、とにかく柔らかく澄み切ったクリーントーンで驚きました。

アンプ自体はコンパクトで小さいサイズでありながら低音がボンワリとしておらず、とてもクリーンでズッシリと鳴っていて、コードがクリアに響いていました。
「こりゃすごいわ…」と世間の評価の高さに納得した次第です。



・・・・・


さてそんなHenriksenのジャズアンプですが、日本では現在3つのアンプが販売されています。

・The BUD SIX
・Jazz Amp TEN
・The Blu SIX


以下、詳しく見てみましょう。
※ちなみに海外では『Forte』など上記以外のラインナップも発売されています。



─────────────────────


The BUD SIX






特徴


  • それぞれ独立した5バンドEQとリバーブを備えた2チャンネル仕様
  • リバーブ
  • 48Vファンタム電源供給可能
  • センドリターン端子搭載
  • ツイーターON/OFFスイッチ
  • 外部スピーカー接続端子
  • Aux IN(CH1)

出力  120W
インプット  1/8 Aux. inputs、ファンタム電源供給可能XLR / 1/4″ コンボインプット
アウトプット  Ext. Speaker out、Headphone、line out (ポストEQ、リバーブ)
Send/Return  TRS send/return FX loop
スピーカー  OEM 6.5″ Eminence Beta speaker with special fluid-cooled, high-yield neodymium tweeter
付属品  ギグバッグ、電源ケーブル
重量  5.9kg
寸法(cm)  (幅)22.8 x (縦)22.8 x (高さ)22.8
JANコード  4571220033278

The BUD SIXはHenriksenのジャズアンプシリーズの中でも一番高級でフラグシップ的な位置付けのようです。
ずっと同じ仕様ではなくバージョンアップをしていて、2020年には新しいバージョンのものがリリースされています。

写真を見るとわかるのですが、底面にウーファーの穴(底面バスレフポート)が開いていて、低音がきちんと出るように設計されています。
サイズが小さいにも関わらず低域〜高域まで全体の音がきれいに出るのは、こういった設計によるものでしょうね。

サイズ的にはDV MARKの Little Jazzとほぼ同じくらいです。
Little Jazz はサイズが小さいためにやや音域の狭さを感じてしまいますが、Henriksenのほうは全くそんな印象がなかったので驚異的です。

サイズの小ささに加えて、重量も約6kgと軽め。
持ち運びにはかなり有利ですね。

冒頭でも書いたのですが、以前ジャムセッションでこのアンプを使っている方を見かけて、サウンドの良さに驚きました。
ウェブ上の情報だけではわかりませんでしたが、実際に目の当たりにしてHenriksenのアンプがすごいアンプだと実感した次第です。

・・・・・

2チャンネル仕様で同時に2インプットできるのも大きなメリット。
ギターデュオやギター×ボーカルデュオのような編成はこのアンプひとつで鳴らせちゃうということですね。

ちなみにJazz Amp TENとThe Blu SIXはシングルチャンネル仕様です。





【国内正規品】 Henriksen Amplifiers ヘンリクセン The Bud エレアコアンプ ジャズアンプ

極上のメロウ・トーンを生み出す “Little Box”
アコースティックギターやジャズギターにオススメ



・・・・・


Jazz Amp TEN





特徴


  • 5バンドEQ
  • リバーブ
  • 48Vファンタム電源供給可能
  • センドリターン端子搭載
  • ツイーターON/OFFスイッチ
  • 外部スピーカー接続端子

出力  120W
インプット  Phantom powered XLR/1/4″ combo input
アウトプット  Ext. Speaker out、Headphone Jack、Balanced XLR line out (post EQ and reverb)
Send/Return  TRS send/return FX loop
スピーカー  Eminence Beta 10 speaker with custom neodymium tweeter
重量 10.4kg
寸法(cm)  (W)35.5 x (H)35.5 x (D)25.4
JANコード  4571220033377
価格 ¥170,000

Jazz Amp TEN はThe BUD SIX・The Blu SIXと比べてスピーカーサイズが違います。
・The BUD SIXとThe Blu SIXは6.5インチ
・Jazz Amp TEN は10インチ


The BUD SIXは小さいながら全体の音域がきれいに鳴るように設計されていますが、Jazz Amp TEN の方がスピーカーサイズ的には有利(より余裕がある)、という感じでしょうか。
公式サイトの商品解説でもバランスの良い音の鳴り方がPRされています。

The BUD SIXでは底面にバスレフポート(ウーファー)がありましたが、こちらは前面についており、低音の鳴り方に違いがありそうです。(なんとなく底面の方が分離が良さそうなイメージですがどうでしょう…?)

The BUD SIXは独立2チャンネル仕様ですが、こちらのJazz Amp TENはシングルチャンネル仕様。

個人的には一番好きな(欲しい)モデルです。




【国内正規品】 Henriksen Amplifiers ヘンリクセン Jazz Amp TEN エレアコアンプ ジャズアンプ

リニューアルされたHenriksenの原点、Jazz Amp
アコースティックギターやジャズギターにオススメ



・・・・・


The Blu SIX


新仕様フロント


旧仕様フロント





特徴


  • 5バンドEQ
  • リバーブ
  • 48Vファンタム電源供給可能
  • センドリターン端子搭載
  • ツイーターON/OFFスイッチ
  • 外部スピーカー接続端子
  • Aux IN

出力 : 120W
インプット : 1/8 Aux. inputs、ファンタム電源供給可能XLR / 1/4″ コンボインプット
アウトプット : XLR balanced line out、Ext. Speaker out、Headphone
Send/Return : TRS send/return FX loop
スピーカー : OEM 6.5″ Eminence Beta speaker with special fluid-cooled, high-yield neodymium tweeter (defeat-able)
付属品 : ギグバッグ、電源ケーブル
重量 : 5.4kg
寸法(cm) : (幅)23 x (縦)23 x (高さ)23(ハンドル・ゴム足・ネジ含まず)
JANコード : 4571220033285
Price : ¥155,000

The Blu SIXはThe BUD SIXの"廉価版"といった位置付けでしょうか。
シングルチャンネルで背面のデザインを見てもThe BUD SIXよりやや安っぽい印象です。

性能的にはThe BUD SIXと同じ120Wで底面バスレフポートつき、その他センドリターンや外部スピーカーアウトなど充実してますね。
仕様的にサウンド面でもThe BUD SIXより大きく劣ることはなさそうです。

重量はThe BUD SIXよりちょっと軽く5.4kg。
このあたりはシングルチャンネルの影響かもしれません。

The BUD SIXとほとんど同じサイズで小型サイズ。
持ち運びは便利です。




Henriksen/The Blu ポータブルアンプ ヘンリクセン

豊潤なトーンを奏でる軽量シングルチャンネルアンプ、 “The Blu”
アコースティックギターやジャズギターにオススメ



─────────────────────



Henriksen Amplifiers ヘンリクセン The Bud

Henriksen Amplifiers ヘンリクセン Jazz Amp TEN

Henriksen/The Blu ポータブルアンプ ヘンリクセン

Fender 68 CUSTOM PRINCETON REVERB


楽器・機材

オススメのコンテンツ