管理人ブログ

Udo Roesner Amps / Da Capo 75

数ヶ月前に楽器屋さんでちょっとかっこいいギターアンプを見かけました。

調べてみるとUdo Roesner Ampsというメーカーから発売された『Da Capo 75』というアンプ。
発売されたばかりだったようで、ギターマガジンか何かの雑誌でも取り上げられていました。

公式サイトを見てみると、

30年以上に渡りアコースティック楽器用機器の設計に携わり、アンプメーカーAERの創業者としても知られるUdo Roesner(ウド・ロースナー)氏が、新たなブランドを立ち上げ再出発を図ります。
その第一弾モデルとして登場するのは、コンパクトな筐体ながら最高の性能・仕様を誇るコンボアンプ、Da Capo 75(ダカーポ75)です。

とのことで、かの有名なAERをアンプを作ったウドさんが立ち上げた新しいブランドだったんですね。


気になってさっそく試奏させてもらったら、めちゃくちゃ良いじゃないですか、、。

やわらかいクリーントーン。
多彩なエフェクト。
マイクも対応した2つのインプット。
サイズが小さくて軽いので持ち運びしやすい。
小さいのにかなりの大音量も出る。

これはジャズギタリストに大人気のDV Mark ジャズシリーズの存在を脅かすことになりそう、、。

アンプの整理と購入

というわけで、アンプ周りの機材整理を敢行。

使用頻度の低いアンプを処分したりして、Udo Roesner Amps / Da Capo 75を入手しました。



・・・・・


弾いてみた




・・・・・


届いてから自宅でさっそく試してみると、やはりサウンド面・サイズ面で非常に良いアンプだと思いました。

DV Mark のジャズシリーズ(Little Jazz やJazz12) ほどミドルにクセがなく、芳醇というか柔らかいクリーントーンです。

さすがにソリッドギター(テレキャス)で演奏してみたら少しカリッとした硬めのサウンドでしたが、フルアコでは最高なジャズサウンド。
『BINGO』に近いサウンドの印象でした。
(BINGOはAER製なので当然かもしれないですが)


エフェクトも多彩で
1-reverb short
2-reverb long
3-chorus
4-custom delay
5-my delay
6-tap n’ delay

と6種類も入っており、どれもキレイにかかってくれます。

2チャンネル対応なので、例えばギターを2本同時に接続して鳴らすことができますが、エフェクトのPANコントロールがついており、2つのインプットに対してのエフェクトの掛かり具合をコントロールできます。
PANを左に回せばインプット1だけにエフェクト、右に回せばインプット2だけにエフェクト、センターで2つのインプットに対して同じくらい、といった感じです。


サイズ感、重量的にも取り回しがよくて、全体的に万能感があります。
※ちなみに持ち運び用のケース(これがまたよくできている)も付属しています

ムムム、これは今後人気が出そう。



・・・・・


悲しきクリップノイズ 〜そして返品へ〜

サウンド良し、サイズ良し、の素晴らしいアンプだということがわかってきたところで、ライブやジャムセッションでの使用を想定して大きめの音量で鳴らしてみました。
ボリュームを上げていくと、小さいアンプながらもかなり大きな音が出ます。

『これくらい音量が出れば、いろんな楽器が混じるジャムセッションでも使えそう』
と思った直後に違和感に気づきました。

『ブツッ、、ブツブツッ!』

ギターの音に混じってノイズが、、、。

EQやゲイン、エフェクトなど各種コントロールを調整してもノイズには変化無し。
シールドやギターを変えてもダメ。

どうやら、アンプのボリュームを大きくしてギターからの入力信号が過大になると、クリップしてクリップノイズが発生してしまうようです。

かつてギターアンプで音量を大きくしてクリップノイズが出た経験がないのですが、クリックするということは内部はデジタル回路なんでしょうか。
けっこう目立つノイズ音なのでこれは困った、、、。



・・・・・


結局、購入した楽器屋さんに相談して返品することになりました。

ノイズが出る点以外では素晴らしいアンプなだけに残念。

返品したアンプについては、メーカーさんにノイズの確認をしてもらうことになったので、また購入したい所存です。
ジャズギタリストにはオススメのアンプです。


Udo Roesner Amps Da Capo 75 アコースティック楽器用コンボアンプ

長年のアンプづくりで培われてきたノウハウを投入し、新たに設計しなおされたサウンド
マイク/ライン対応の​2チャンネル仕様(コンボジャック搭載)
3バンドEQ、6種類ものエフェクトを搭載(2種類のリバーブ、3種類のディレイ、コーラス)
2つのチャンネル独立のDIアウト、出力レベルが異なる2つのラインアウト、AUXインプット、ファンタムパワー、ハイパスフィルター、ヘッドフォンアウトなど、豊富な入出力端子を搭載
持ち運びも容易なコンパクトな筐体ながら、充分な出力と耐久性を実現。また付属のバッグに入れて運搬がさらに容易になります。


管理人ブログ

オススメのコンテンツ