音源

Lage Lundが演奏した“ジャズスタンダード曲”の音源※を集めてみました。
※オリジナルよりスタンダード曲の方が演奏の参考にしやすいためです。

YouTubeにアップされている映像の中からピックアップしています。
順番はランダムです。時系列や曲名(A-Z)ではありません。




・・・・・


Segment

Joel Frahm との共演を収録した映像。
2012年の録画とのことで映像と音質はあまり良くないですが、JoelとLageともに演奏はすばらしいの一言です。

同じライブの映像が下に4つほど続きます。




・・・・・


Oleo




・・・・・


My One And Only Love




・・・・・


On The Sunny Side Of The Street




・・・・・


Beautiful Love

コード&メロディーでBeautiful Love。




・・・・・


Turn Out the Stars

Lage Lund, Will Vinson, Orlando Le Flemingのトリオによる演奏。
このトリオでの演奏が何曲かアップされていますが、どれも素晴らしい演奏で参考にしやすいです。




・・・・・


On Green Dolphin Street




・・・・・


Stella by Starlight




・・・・・


Along Came Betty




・・・・・


Darn That Dream




・・・・・


Blues

B♭のブルースです。




・・・・・


Peace




・・・・・


These Foolish Things

Will Vinson - saxes
Lage Lund - guitars
Rick Rosato - bass
Jochen Rueckert - drums




・・・・・


Darn That Dream




・・・・・



Stella by Starlight

Mike Morenoと共演した映像。

Mike Moreno - Guitar
Lage Lund - Guitar
Joe Martin - Bass




・・・・・


Short Story

Kenny DorhamのShort Storyです。
スタンダード曲か?と思いましたが、すばらしい演奏なので加えました。

Lage Lund - Guitar
Mark Turner - Saxophone
Matt Brewer - Bass
Bill Stewart - Drums




・・・・・


Along Came Betty




・・・・・


Peace

ギターソロ(コード&メロディー)でPeace。




・・・・・


Lazy Bird

サックスのBen Wendelがジャズ仲間とデュオで演奏する企画。
この企画、個人的に大好きなのでいろいろやってほしいです。




・・・・・



Nobody Else But Me




・・・・・


From This Moment On

周囲の雑音がうるさいけど素晴らしいデュオ。




・・・・・


How Deep Is The Ocean




・・・・・


Nobody Else But Me

Lage Lund - Guitar
Noam Wiesenberg - Bass
Jimmy Macbride - Drums




・・・・・


I Fall In Love Too Easily




・・・・・


You Stepped Out Of A Dream

Guitar x2 Series - Rale Micic and Lage Lund

April 2, 2014 at Whynot Jazz Room, NYC




・・・・・


Billie's bounce

Melissa Aldana - Saxophone
Lage Lund - Guitar
Matt Penman - Bass
Jochen Rueckert - Drums




・・・・・


The End of Love Affair

Lage Lund - Guitar
Rick Rosato - Bass
Sullivan Fortner - Piano




・・・・・


Blues

B♭のブルースだと思いますが曲名が書いていないので正確には不明です。

Lage Lund - Guitar
Mark Turner - Saxophone
Matt Brewer - Bass
Bill Stewart - Drums




・・・・・


How High The Moon

概要欄には以下のように書いてあります。
"George Benson playing "How High The Moon" together with the 2005 Thelonious Monk Jazz Guitar Competition winner Lage Lund at the Kennedy Center, Washington DC in Sept. 2005."

2005年・セロニアスモンクギターコンペティションで優勝したLage Lundと共演するGeorge Bensonということです。
王者たる風格のベンソンに対して、Lage Lundがとても若々しく見えます。

この動画はだいぶ以前に観たことがあったのですが、ベンソンに挑む(?)青年がLageとは知りませんでした。

『え!あの若者、Lage Lundだったんか!!』
と後で知ったときにとても驚きました。




・・・・・


ALL OR NOTHING AT ALL




関連するキーワード

関連するコンテンツ

音源

オススメのコンテンツ