管理人ブログ

ジャックのナット緩みをメンテナンスする

先日、ギターを弾こうと思い、ギターにシールドをつなごうとしたら違和感が…。

『あれ…!?』

妙にグラつくプラグ。

ギターのジャック部分を見たら、ナットが緩んでいました


いつのまにか緩んでいたジャックのナット

フルアコのジャック部分はトラブル多し!!

フルアコのジャック部分はトラブルが多いので要注意です。

というのも、ソリッドギターの場合は、ほとんどがパネルを開けると電装系が簡単にメンテナンスできるようになっているのに対して、フルアコの場合はジャックの部分を外側から触れても、内側からはなかなか触れないケースが多いからなのです。

そのため、(フルアコの)ジャックのナットをそのまま締めようとすると内側も同時に回ってしまい、配線に影響が出てしまうわけです。


フルアコのメンテナンス事情。ソリッドギターの場合はジャック部分を内側から固定しやすい。


ジャック周りのリスク解説



・・・・・


ジャックタイトニングツール

で、どうしようか悩んでいたところ、
「そういえば、どこかでジャックのメンテナンスツールを見かけたな」
と思い出しました。

そこで、さっそくネットで調べてみると、記憶通りのブツを発見!!

『ジャックタイトニングツール』という、まさにジャック専用のメンテナンスツールです。

購入〜数日後に届く

ニッチな商品らしく在庫切れのお店もある中、なんとか購入。
数日後には手元に届きました。

よく見たらALL PARTSから発売された商品のようです。

想定していたより小さいツールだったので、開封後には不意に紛失してしまわないように気をつけた方が良いかもしれません。


Bullet Guitar Jack Tightener ジャックタイトニングツール


【裏面】Bullet Guitar Jack Tightener ジャックタイトニングツール


ギターの横に置いてみた。ツール自体はかなり小さいです。



・・・・・


さっそくジャックのナットをメンテナンス

使い方は簡単で、
1:シールドプラグ同様にジャックにまっすぐ押し込む
2:ツールを押さえながら、ナットに噛み合う部分をまわす

だけです。

簡単すぎて、ものの1分程度で作業完了しました。

※最初、上の部分(ガスコンロの火力調整するノブみたいなやつ)を回すのかと思いましたが、ナットを締めるのは下の部分でした。


何も知らずにナットを締めようと思ったら内部の配線を傷つけてしまうリスクがありますが、ツールを使えばノーリスク&超イージー。

専用ツールの力は偉大です。


手でグラつかない程度にナットを締めたら、ツールをジャックに押さえつけます


しっかりツールを押さえつけながら、指で触っている部分を回すだけです



・・・・・


作業後の話、そして作業の注意点

作業が終わってからは無事にギターを弾くことができました。

作業の注意点としては、ツールをジャックに押しつける際にギターが動いてしまうので、
・まずはギター自体をしっかり固定しながら作業する
・可能であれば二人でやる

というところでしょうか。

『一人がギター固定、もう一人がジャックを締める』
という二人がかりでの作業がノーストレス・ノートラブルで理想だと思いました。

この『ジャックタイトニングツール』、フルアコ(内部にアクセスしづらいタイプ)を所有している方にはオススメのアイテムです。



このようにしっかりナットが締まりました


きれいな仕上がり。内部の配線も平穏を保ったままです。


ジャックタイトニングツール、フルアコユーザーにはマストかも


ALLPARTS TOOLS 8403 Bullet Guitar Jack Tightener ジャックタイトニングツール

ALLPARTS TOOLS 8403 Bullet Guitar Jack Tightener ジャックタイトニングツール

緩んだジャック・ナットの締付け用ツール


関連するキーワード

管理人ブログ

オススメのコンテンツ