管理人ブログ

ジャズで使えるギターアンプの比較動画

以前、ジャズギターで使えるアンプの音質比較動画を作ったら『コードアンドメロディーじゃなくて普通のやつも観てみたい』という声をいただき、『アドリブ+伴奏』というノーマルなスタイルの演奏パターンで比較動画を作りました。

※一番下に各記事へのリンクあり



・・・・・



Premiereの編集画面

めちゃくちゃ大変なアンプ比較動画作成

比較系の動画はけっこう面倒で、
・差が出ないように、なるべく同じ環境を設定
・ミスったら他のパターンも全部やりなおし
・収録した音声や映像を間違わないように編集

などなど、非常に気を使う大変な作業の連続だったりします。

編集ソフトもAdobeのPremiereとAfter Effectsを使った連携作業で、内部はけっこうゴチャゴチャしてたり。

・・・・・

前回はギター一本だけで動画を作ったのですが、ギターによってアンプに『合う・合わない』という相性みたいなものがあるので、できるだけいろんなバリエーションのサウンドを確認できるようにしようと、今回はギターを4本使用しました。

弾いているときにはけっこうギターごとの差(弾きやすさ・音など)を感じるけど、動画で確認すると『思ったほどの差がないな』というのが率直な印象です。


『アンプそれぞれの演奏動画を並べていくことになるので、ひとつひとつの演奏はコンパクトにしたいな。』
『枯れ葉やAll the things〜だと全体の動画が長くなってしまうし、あんまりスタンダードじゃない曲だと参考にならなそうだし、、、』
(脳内会議)
ということで、動画内で演奏したのはパーカーの『Chi-Chi』。

【痛恨のテーマミス】
アップ後に『あれ、あそこのフレーズってこうじゃなかったっけ?』と演奏したフレーズと原曲の違いがふと脳裏をよぎり、テーマのメロディーを確認したら、見事に間違ってました。
6小節の2音目『F』を弾いていたけど、原曲は『E(D♭-7の♭3)』。

『やっちまった!!』

テーマを間違って弾くのはないわー、、、。
と落胆するも、もはや収録と編集をやり直す気力もないので、大目に見ていただければ幸いです。

・・・・・

以前アンプ比較動画を作った時は、『どうせそれほど観られないだろう』と思いながらアップしたんですが、意外とジワジワ視聴があって(と言ってもものすごく観られているわけではないですが)、ちょっと驚きでした。

割と海外からのアクセスが多いようです。

そういえばギタリストって他の楽器のプレーヤーと違って『機材オタク度』が高い気がしますね。
ギターやアンプをいろいろ調べて買ったり、音にこだわったり。


機材もいいけど演奏・技術を追究しよう!

自戒を込めて(デジマートを眺めながら)。



・・・・・



↓こちらは古い方(最初に作ったアンプ比較動画)



管理人ブログ

オススメのコンテンツ